建築工事、鉄筋工事、FRIP材製造、シェルター工事は栃木県矢板市の川口鉄筋建設

メールで問い合わせ

FRIP定着工法

FRIP定着工法(異形棒綱の機械式定着)異形棒綱の機械式定着

施工に優れた工法で工期短縮と災害リスク削減を実現

FRIP(フリップ)定着工法は、グラウトが不要な機械式定着工法のことをいいます。
施工の際、納まりが悪くなる深主筋のアンカー部分を定着板に変えることで現場での施工時間・手間を大幅に軽減します。このFRIP定着工法での施工により、現場における人工削減と工期短縮・災害リスクの削減を実現します。

摩擦圧接の原理

定着板を回転させ、
鉄筋を押し付ける。
高温層が形成され、
バリとなり排出される。
回転を急停止し、
さらに加圧する。

定着板の標準寸法

定着板の標準寸法の図

定着板の機械的性質

定着板の材質 引張強さ(N/mm)
非調質高強度鋼 620以上
FRIP定着工法の配筋状態
FRIP定着工法の配筋状態の図

FRIP定着工法の特徴

  • 柱・梁接合部の簡素化
  • 施工性の改善
  • (一社)建築構造技術支援機構の建築構
  • 造技術評価取得
  • グラウトが不要

FRIP定着工法では、折り曲げ定着が不要になり、配筋作業が速く簡単になります。摩擦圧接機にて接合した材料を使用し施工するので、現場での施工が楽になります。

接合がシンプルで定着板の機械加工が不要になる上に、摩擦圧接機によりバラつきが小さく強度・精度が安定します。

株式会社川口鉄筋建設では、自社工場内の最新加工機にて製造しておりますので、鉄筋工事の際の「工期」や「安全」などに対し、お客様にベストなご提案ができると自負しております。
是非一度、ご相談下さい。

FRIP定着工法に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします。
同業者の皆様からのご依頼も受け付けておりますのでお気軽にご相談下さい。

その他の工法はこちら

株式会社川口鉄筋建設お問い合わせ

シェルター事業・建築工事・鉄筋工事・鉄筋加工・FRIP材製造は
株式会社川口鉄筋建設まで

0287-53-7822
メールでのお問い合わせ